FC2ブログ

労働時間短縮をどうする

この11月1日から「過労死等防止対策推進法」が実施されることになった。
細かな事柄については、厚生労働省から今後具体策が示されることになるのだろうが、法施行に伴い11月は「過労死等防止啓発月間」とされた。
過労死問題に関しては、トラック運送事業はいつも厳しい目がむけられているのはご存じのとおりである。平成25年の脳・心臓疾患に関する労災補償状況では、全請求件数784件のうち運輸業・郵便業が182件とトップであり約四分の一を占めている。
一方国土交通省では、かねてから運行記録計の装着義務付け対象車両の範囲拡大が検討されていたが、平成27年4月1日以降の新車から、「車両総重量が8トン以上又は最大積載量が5トン以上の普通自動車である事業用自動車」等から「車両総重量が7トン以上又は最大積載量が4トン以上の普通自動車である事業用自動車」等に拡大されることになる。なお、使用過程車は平成29年4月1日からとなる。
長距離運転に使用されるトラックの大半が運行記録計の装着が義務付けされることになり、当然これまで以上にその記録の管理や運転者に対する指導等、時間管理に対し厳しい目が注がれることになる。
業界団体では、いわゆる改善基準についての検討会が設置されたようで、この後多方面からの議論がなされることになるだろうが、業界側の視点からだけの議論では受け入れられる状況にないのが一番難しいところだろう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kawa3.net

Author:kawa3.net
カワさんの独り言へようこそ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる