FC2ブログ

トラック事業の監査制度 「累積違反点数に関係なく事業停止」

引き続きトラック事業の監査制度について、今回は「累積違反点数に関係なく事業停止」です。

前回説明したとおり、累積違反点数によって事業の一部停止、全部停止、事業許可の取消処分が科せられるのは、点数という数値化されたものを基準になっていることから、まだわかりやすい?のではないだろうか。

しかし、今回とりあげるのは、過去に違反がなくても(累積違反点数が0点であっても)事業停止や許可の取り消しを受ける場合である。

そのひとつは、過積載に対する処分である。
過積載運行をしたものは、初めての違反でも車両停止処分になり、再違反については車両停止期間を延長し、3回目の場合は輸送の安全確保命令を併せて発動、4回目以降はさらに特別監査を行い、事業許可の取消し等、厳しく処分されることになっている。

もうひとつは、輸送の安全確保等事故防止に直結する違反行為があった場合等である。
具体的には、以下の違反行為を行った事業者は事業許可の取り消し処分(初めての違反の場合は事業停止処分)が実施される。

1.無許可経営(初違反:事業停止30日間)
2.運行管理者が全く不在(選任なし)(初違反:事業停止30日間)
3.務時間等の基準が著しく遵守されていない(初違反:事業停止30日間)
4.点呼を全く実施していない(初違反:事業停止30日間)
5.定期点検整備を全く実施していない(初違反:事業停止30日間)
6.備管理者が全く不在(選任なし)(初違反:事業停止30日間)
7.名義貸し、事業の貸し渡し等の違反(初違反:事業停止30日間)
8.送する旅客の範囲を限定する旨の条件または運送の引受を営業所において行う輸送に限定する旨の条件違反(初違反:事業停止30日間)
9.検査拒否等の違反(初違反:事業停止30日間)
10.計画に従うべき命令違反
11.運賃料金変更命令違反
12.輸送の安全確保命令違反
13.公衆の利便阻害行為等の停止命令違反
14.事業改善命令違反

なお、これらのほかに運行管理者の業務についての法令違反がある場合等は、運行管理者資格証の返納命令が発令され、運行管理者個人の資格が取り消されることがある。

次回は「過積載に関する処分」です。
スポンサーサイト



テーマ : 独り言
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kawa3.net

Author:kawa3.net
カワさんの独り言へようこそ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる