FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お暑うございます。

久しぶりの書き込みです。
このところの暑さには 本当に閉口しますね。

ところで、平成29年度第1回運行管理者試験に対応した運行管理者試験「過去問徹底解説」平成29年8月対応版が、いつものように、試験日が近づくに連れて売れ行きが伸びています。

また、kindle読み放題の対象になっていることから、無料で読み進めていただいている方々もどんどん増加しています。
試験日まであとわずか まだ間に合う いろいろな考え方があると思いますが、小生はまだ 間に合う の方に賛成です。

我田引水ながら、この過去問をもう一度あるいは繰り返し解いていただければ必ず結果はついてくると思います。
受験される皆さんは、暑さとの戦いとなりますが、是非頑張っていただきたいと思います。
スポンサーサイト

運行管理者試験(貨物)過去問徹底解説 平成29年8月対応版を出版

運行管理者試験(貨物)過去問徹底解説 平成29年8月対応版

お待たせいたしました。本日、Amazonから電子書籍Kindle本として出版いたしました。
直近5回分の過去問、正解、出題傾向など詳しく解説しています。

電子書籍ですので、スマートホンやタブレットなどにダウンロードして利用していただけます。
いつでもどこでも、ちょっとした時間を有効に活用して受験にそなえて下さい。

Kindleunlimited 読み放題の対象にもなっています。
お買い求め、読み放題はこちらから
         
運行管理者試験「過去問徹底解説」平成29年8月対応版

お待たせしました「運行管理者試験過去問徹底解説」出版しました。

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

昨年は(昨年も?)ブログ更新をかなり怠けておりましたが、今年こそ!と見えを切らずにボチボチ更新していきますのでよろしくお願いします。

さて、年末年始と遊びにかまけて、運行管理者試験の問題集の執筆を日毎に繰り延べしてきたツケがまわって、年があけてからの出版となってしまいました。

そうは言ってもこの本、小生独自の判断で出題形式を○×方式に変更して、クイズを解く感覚で読み進めてもらえるよう工夫しております。これまである程度勉強された方は復習を兼ねて、またこれから勉強を始められる方は気軽な気持ちで、手に取って、いやスマホなどに取り込んでいただければと思っております。

ダウンロード先、Amazonのkindole書籍のページから 運行管理者試験「過去問徹底解説」平成29年3月対応版

平成28年度第2回運行管理者試験

平成28年度第2回運行管理者試験(平成29年3月5日(日)実施)の日程が発表されました。

試験日は、平成29年3月5日(日)
受験申請期間は、平成28年11月11日(金)から12月2日(金)まで、インターネット申請は12月12日(月) まで

申請期間と試験日の間にかなりの時間がありますので、申請漏れの無いようご注意ください。

運行管理者試験受験対策セミナーを開催しました。

昨日(7月31日)、地元の富山県総合情報センターで運行管理者試験受験対策セミナーを開催しました。

当日は、小所のお客様などを対象に実施したことから少人数での開催となりましたが、かえって和気あいあいのなごやかムードで勉強会をすることができました。

まず、試験に関する注意事項やこれまでの合格率など概要を説明した後、本番同様、90分で30問の演習問題に挑戦しマークシートに記入する方式で実施しました。演習問題終了後は、参加者本人に答え合わせをしていただき、これまでの勉強の成果を実感していただきました。
その後、小生作成の独自資料に基づき、プロジェクターを利用しながらポイントを細かく説明し、途中には演習問題の解説も交えながら進めていきました。

午前9時30分から午後4時30分まで、盛りだくさんの内容に参加者、講師ともども疲労困憊といったところでしたが、何とか無事セミナーを終えることができました。

8月の試験を受験される方々など、ご希望の方は小所のHPで、今回使用した「演習問題、マークシート、解答と解説」を公開しておりますのでご利用ください。

小所のHPは、 http://www.kawa3.net/ です。
プロフィール

kawa3.net

Author:kawa3.net
カワさんの独り言へようこそ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。